八丈島通信

満員電車に揺られる生活にピリオドを打ち、
伊豆諸島の八丈島にお引越し。
マッタ〜り、ノんび〜りの島の生活を満喫中。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< ミクシィ、4200人の情報が3日間「露出」 | main | 頭の中にヤモリ。 >>

八丈島探検。(硫黄沼・唐滝の路)

 

先日の八丈富士山頂に引き続き、こんどはもう一つの山、三原山にある硫黄沼と唐滝を見に行ってきました。
歩行時間は片道1時間10分ほど。
トレッキング入口まで細道山道でしかも何本も道が枝分かれになっていて、地図を見ているにもかかわらず2度ももと来た遊道に戻ってしまいました。

「八丈島の神が我を拒んでいるのか??」
っと半ば心配になりましたが、3回目にして何とかたどり着きました。
 (単に方向音痴ね・・・)

前回と比べて高低差は約250mとあったので、気軽なトレッキングを予想していたのですが、舗装されていない道を歩くので、なかなか辛い。 
注意して歩かないとツルっとすべって、「あ〜〜!」っとなってしまう可能性もある。 
ガードレールが朽ちて壊れたりしていので本当に注意しないといけない。


 

途中に沼を発見。
こちらは硫黄沼と呼ばれ、室町時代に造られた溜池。
硫黄分が溶けて緑色になっている。
ちなみに硫黄のにおいはしない。

沢を超えていったり、急な石段もあり、コケが生えているので気をつけないと滑ってしまう。
やっとのこと辿り着いた滝。
こちらは唐滝と呼ばれていて落差36.3mで決して大きな滝ではないが、青い空の下、小さな虹をかけ、上から落ちる飛沫水は見ていて気持ちが良かった!
周辺にはビロードのような美しいコケが繁茂する。
なんて美しいのか・・・。
見ていて飽きない光景でした。


 


 

最近、八丈島がだんだん好きになってきた自分。
きっと、いろんなものを見るようになってきたからだと思う。
まだまだ知らないところがいっぱいあるのかもしれない・・・。
 
また探検しようと思います。
JUGEMテーマ:島旅
八丈島 | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

キレ〜イ^^

エリー★さんって、写真写すの上手ですね〜!!虹までちゃんと入ってて…こないだとはまた全然違った八丈島の魅力が伝わってきましたv^^
でもまさか、一人で散策じゃないですよね?気を付けて下さいね^^;
しゅな's | 2009/11/06 6:44 AM
>しゅな's
どうもです!
ありがとう〜♪
一眼レフがほしんですけどね・・・。

滝は相棒と行きました。
一人では危険なところです。
ガイドをつれて3人いらっしゃった方もいるので、複数で行った方がいいかもです。
eri | 2009/11/06 2:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tokyohiyori.jugem.jp/trackback/53
この記事に対するトラックバック