八丈島通信

満員電車に揺られる生活にピリオドを打ち、
伊豆諸島の八丈島にお引越し。
マッタ〜り、ノんび〜りの島の生活を満喫中。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 我が菜園(その2) | main | 愛しのナスちゃん収穫(我が菜園3) >>

深夜の雄叫び…


 
最近バイトを始めています。
オーストラリア人がオーナーのパブのウェイターです。
外人のお客さんも多く来るので一見八丈島であることを忘れるほど。
遊んでいるのもな〜っと気軽に始めた仕事ですが、これからシーズンなので結構忙しい。
仕事始めるの早すぎたな〜っと後悔している今日この頃。

っと私の話はどうでもいいですが、そういうことで深夜帰宅したある日のこと。
相棒はスヤスヤと先にお休みになっていました。
私もかなり疲れていたので、すぐに御就寝。
ちなみに相棒はベッド、私は床で寝ています(ベッドだと寝起きが悪いので)
寝入って、約30分ほど経ったでしょうか。

「ああああああああーーーーーーーーー!!!!!!」

と、突然大きな叫び声。
余裕で外にも響き渡っていました。
断末魔のような叫びというか、殺さる一歩手前の恐怖の雄たけびでした。
私はバチっと目が覚めてあまりの恐さに動けない状態。

その声にはかなり聞き覚えがありました。

相棒でした。

寝言にしてはでかい・・・・。
真っ暗闇で確認できなかったのですが、怖かったし、疲れの方が勝っていたのでそのまま寝てしまいました。(薄情者です、ハイ)

翌朝、相棒に聞いてみると雄叫びをあげたのは「覚えている」とのこと。
なにやら、夢で得体のしれないものに背中に抱きつかれたようで、それを振り払おうとし、おもわず雄叫びをあげてしまったようなのです。

「怖かった…」
っとつぶやきましたが私はアナタの雄叫びの方がよっぽど怖かったよ。

ところでここ八丈島は流刑の地という暗い歴史を持っております。
地元の人しか知らない場所、うば捨て山ならぬ、人捨て洞窟がひっそりとあったりする。
かの宜保愛子もあまりの恐怖に八丈島の空港から降りられなかったという逸話があるほど。
なので八丈島で霊を見たなんてのはしょっちゅう聞くのだ。

相棒は見えはしないが、感じたりするみたいだ。
わたしゃ、さっぱり見たことも、感じたこともないけれども。

それより明日、皆既日食ですね。
こちら八丈島では、部分日食で80%は隠れるらしいので楽しみにしてるのだけど、
予報では天気が悪いらしい。
……どうかぁ、晴れてぇ!
日記★ | permalink | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

最近ブログの更新のペースが早いね!
いろいろ新しい出来事があってうらやましいよ。。

外人パブでバイトかぁ。楽しそう!
俺もたまにサービス業の仕事したくなるね。

八丈島、心霊スポットなの?
俺も一回でいいから霊を感じてみたいよ。
一回でいい!
クリシュナ | 2009/07/21 9:05 PM
>クリシュナんへ
サービス業なんて楽しくともなんともないわな(笑)
外人にこき使われてさ〜・・・爆

八丈島心霊スポットみたいよ。
確かに一回でいいから感じてみたい気はするけど。
一回でも感じてしまうと暗闇が怖くなってしまうから、
やっぱりいいな〜・・・
エリー | 2009/07/26 1:01 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tokyohiyori.jugem.jp/trackback/39
この記事に対するトラックバック